今回は、「フェニックス・トレンドFX(Phoenix Trend FX)」のレビュー記事になります▼

 

【名称】永久不滅のFXトレンド法則 Phoenix Trend FX ~フェニックス・トレンドFX~

【手法】グランビルの法則とエリオット波動を組み合わせたロジック

【ポイント】グランビルの法則を活用し、エリオット波動5波を着実に捉えて利益に繋げていく。

【評価】90点

【関連記事】http://fxscalbinary.info-mater.com/phoenix/

公式ページはこちらをクリック

Phoenix Trend FXとは?

 

Phoenix Trend FXの手法の主な特徴は。

世既に広く知られている王道2大理論である、

 

グランビルの法則エリオット波動

2つの王道ロジックを掛け合わせたロジックです。

 

少しピンと来ないかもしれませんが、

Phoenix Trend FX売買ロジックは至ってシンプルです。

 

そもそも、グランビルの法則とはこの様な波形▼

 

 

グランビルの法則の特徴は、

「トレンドの初動を捉えやすい」という事です。

 

一方、エリオット波動はこの様な波形です▼

 

エリオット波動とは、上昇5波と、下降3波に区別されるトレンドの波。

上昇5波以降を「トレンドの転換」と判断していきます。

しかし、エリオット波動の最大の弱点は初動が捉えにくいという部分です。

 

しかし、「グランビルの法則」でトレンドの初動を捉える事で、

「エリオット波動」の優位性を赤める事が可能です。

 

つまり、Phoenix Trend FXとは、

グランビルの法則でエリオット波動の波着実に捉え、

利益に繋げていく事が最大の特徴です

 

簡単に説明するとこの様な感じです▼

 

方法の手順としては、エリオット波動の3波~4波を捉え、

後に高確率で到来する「エリオット波動5波」の波に乗り利益に繋げていく

。。。というもの。

非常に斬新的で、オリジナリティーの高い手法かと思います。

本当に利益に繋げていけるのか?

 

公式ページで言われている「100発100中のトレンド」とは、

Phoenix Trend FXでは、エリオット波動の5波を指します。

 

そもそも、エリオット波動の出現率は?

 

※エリオット波動の出現率は意外と高く、

単に気が付いていないだけです。

 

しかし、意識しないと結構見逃してしまいがちですね。

私も、エリオット波動を普段はあまり意識しません(笑)

 

しかし、Phoenix Trend FXの教材動画を拝見させていただき、

エリオット波動を意識してみると、

以外に多く波形を確認出来る事に気が付きました。

 

 

少し形がいびつですが、

エリオット波動の4波まで判断することが出来ました。

 

しかし、普段あまり波形を意識しない方にとって、

いきなり「エリオット波動」とか言われても困りますよね?

そもそも、エリオット波動は初動を捉えるのが初心者には困難です。

 

そこで、Phoenix Trend FXには専用のサインツールが付属してきます。

 

このサインツールは、エリオット波動5波目で点灯する仕組みになっています。

サインが点灯すれば、高確率で「5波」が到来しますので、

あとはルールに従ってエントリーを仕掛けるだけです(^^)

Phoenix Trend FXの詳細を見てみる

 

サインツールの使い方について

 

※付属のサインツールは「3っのインジケーター」が搭載され

1つサインツールとして活用していきます。

 

テンプレートはこんな感じです▼

 

ここに、グランビルの法則をプラスしていきます。

※グランビルの法則の設定方法は動画で詳しく解説されています。

 

サインには予備サインが搭載されています▼

 

予備サイン点灯後、本サインの到来を待ちます。

本サイン点灯=エリオット波動5波到来の合図

 

ここで初めてエントリーを開始します。

正し、エントリーにはルールが定められているので、

サイン点灯=エントリーという訳ではありません。

 

エントリーの絶対条件としては、綺麗なエリオット波動が確認出来る事。

エリオット波動の波形がはっきりとしている程、

手法の優位性も高くなります。

エントリーから決済までの流れ

 

  1. Step1

    予備サインの点灯を確認。※このほか、事前最低4時間足くらいまでの動きを確認しておく。

  2. Step2▼

    予備サイン点灯後の「本サイン点灯」でエントリーを開始します。※ここでも決められたルールに従います

  3. ※損切・利食いの設定

 

サインツールを使ったエントリー手順は上記のような流れになります。

尚、慣れてくればサインツール無でもエントリーの判断は十分可能だと思います。

まとめ&今後の将来性に関して

評価:90点

【名称】永久不滅のFXトレンド法則 Phoenix Trend FX ~フェニックス・トレンドFX~

 

手法の目線は「逆張り」で、エントリーの方法に関しても、

それ程難しい手法ではありません。

むしろ、Phoenix Trend FXと、ほぼ同じタイミングで売買する方法は、

他の手法でも既に出回っています。

 

しかし、

ここであえて「エリオット波動」や「グランビルの法則」を意識する事で、

相場のリズムが一層捉えやすくなると思います。

 

推奨時間足は15分足以上。通貨ペアの縛り無し。

好みの通貨ペアで実践することが可能です。

さらに詳しく見てみる